FC2ブログ

記事一覧

7/2(火)

こんにちは、白の宮田です。

北部で総合優勝を果たしたことは、とても嬉しいですね。大会の運営をしつつ総合優勝というのは、素晴らしいことだと思います。選手も役員も、すべての人が全力を出した結果です.゚+.(・∀・)゚+.
また、北部も終わり圭吾君と菅井さんが引退してしまいましたね。もうホントに悲しくて夜しか眠れません()
自分もそろそろ引退の時期が近づき、もしかしたら最後かもしれないのでそれなりに頑張って書こうと思います。

とりあえず、今日のメニューです。


W-up cho 300m SKPS

cho 50m4

Swim cho 100m*4 1'30

Kick cho 100m*6 1'50 1-4t des, 5-6t smooth/hard by 1t

cho 50m*4*2 1'00 1s 15m UW 2s E/H by 25m

Pull cho 200m*3 2'40 lng stroke

cho 50m*8 1'00 smooth/hard by 1t

Losen 100m

Drill 50m*8 1'10

Swim cho 100m*4*2 1'50 1t form, 2t 75form/25hard, 3t 50form/50hard, 4t 25form/75hard

cho 25m*4*2 0'40 MAX 1s no item, 2s fin.and.paddle set rest 0'30

Down 400m


今日の練習では6月の練習不足を痛感させられました。というのも、6月は本当に運がなく、月初めは原因不明の熱で四日以上寝込み東北総体を迎え、中旬からは原因不明の腰(背中)痛を発症し全然泳げずに北部を迎えてしまいました。結局、6月は片手で数えられるくらいしか泳げないという散々な月でした。そんなこんなで今日の練習を迎えたわけですが、反省点が山積みです。

キックに関しては、復活してから「キックの感覚がつかめない」とぼやいていましたが、今日は膝からくるぶしにかけての足の角度に注意してみたら結構ましになったのはせめてもの救いでした。ですが、圧倒的に筋肉がたりないので、水をつかめても負けてしまっている感じがしました。
プルについては、重心移動がスムーズに行えず、かなり効率の悪い泳ぎになっていたと感じました。これはアップやドリルのときに直していこうと思います。
スイムもまあ似たようなモノなのですが、腰の位置がかなり下がっていたと感じました。ですが、本気で綺麗に泳ごうとするとまだ腰に違和感があるので、まずは腰をどうにかしなきゃですね。頑張って完治させます((´・ω・`;))

皆さんは、私のようにならないよう願っています(笑)



以下、自分語り&老害なのでブラバ推奨です(笑)

自分が大学で水泳を続けているのは、好きなのはもちろんですが、結局諦めが悪かったからだ思います。高校の同期には、卒業するときに「大学ではバレーボールをする」とか言っていたらしいのですが、気づいたら水泳部に入っていました(笑)中学2年のときにほとんどタイムが止まり、高校の時も伸びなかったので、最後の悪あがきとして入部した気がします。
裕介さんや樹に出会い細かい泳ぎの知識を勉強し、教えてもらい、筋肉は落ちましたが、泳ぎのスキルは圧倒的に成長し、大学二年の時には生涯ベストを出せてとても嬉しかった覚えがあります。

その時、ほぼ自分の水泳に満足してしまい、設計や幹部の仕事に追われて泳げなくなっていくうちに、このまま選手を辞めようと思い一時期選手を離れていました。ですが、やはり見ているだけは辛いもので、澁谷や他の子たちにアドバイスをしていくうちに、もう一回泳ぎたいと思ってしまいました。長水の1Brで1’10を切れていなかったことも後押ししました。結局、諦めが悪いんですよね(笑)

そんなこんなで今に至るのですが、目茶苦茶焦っています(゚д゚)
あと3週間も時間がない!頑張らねば!


白じゃも最初は”ほぼ二桁”人数がいた気がするのですが、今では5人。幹部の時はみんな大変でしたね。少ないながらも、幹部学年を無事に乗り越えられ、同期にはとても感謝しています。また、幹部の時も支えてくださった灰じゃさんや、もっと上の紺ジャさん、赤じゃさんにも本当にお世話になりました。今年、初の”北部総合優勝”を成し遂げた、頼りになりすぎる後輩たちもありがとうございました。白じゃはほとんど金魚の糞みたいな感じで申し訳なかったのですが、本当にありがとうございました。お陰様で、何も気にせず引退できますし、今後の水泳部に期待を持って引退できます。



ちょっと話は変わるのですが、レセプの後、北君が悔し涙を流していました。「不甲斐ない」 「来年は決勝に残る」と。自分も前まで「リレーに出たい」「決勝に出たい」とも思っていましたが、幹部の頃には「部活辞めたい」が圧倒的な気持ちでした。自分の気持ちに負けてしまった情けなさを感じていた分、男泣きを見せた北君には期待してます。最近は、北部も七大もレベルが高く、部への貢献度を考えると”点数を取ること”への重みがとても大きく、点数を取れなければ自分の存在意義はないと思ってしまう人もいるかと思います。また、努力で強くなった樹の存在も知っている分、ますます自分の存在意義を問う部員もいるかもしれません。北君のように、悔しさをバネに努力を継続できればいいのですが、中にはフェードアウトしてしまいそうな後輩もいるので、言っておこうと思います。

まずは楽しくやればいいじゃない

と。まあ、ずっとお気楽モードでやってきた先輩に言われても.…と思うのは勿論ですが、まずは”楽しい”がないと何も始らないと思うんです。楽しいから頑張れる。楽しいから部活に来れる。仲間といると楽しいから、タイムがダメな時でも次へ向かっていける。”楽しい”から派生できることってもっとたくさんあると思います。この前、千祥とも話していて気づきましたが、大学特に東北大学の水泳部って地方から来る人が多いので価値観も全然違うし、サークルと部活の中間の団体がないのでガチ勢から初心者まで幅広い志の人が集まります。そこが面白いところだと思うのですが、その中で腹割って話せる雰囲気を作っていくことって難しいと思います。正直言って、大学の部活は高校より人間関係が冷たいです。だから辞めていく人が絶えない。お金の問題なんて、正直何とでもなる。ただ、「高い遠征費を払ってまでこの仲間といたいか」と問われるとそうは思わない、ついでに自分の存在意義もわからないからやめていく。そんな人、絶対いました。「仲よくしろよ」とはいいません。ただ、自分の存在意義が分からない人には自分にとっての"楽しい"を見つけてほしいです。意識の高い人には歩み寄ってほしいです。

自分のように、生涯ベストは大きく更新できても、決勝には残れない、リレーでも貢献できない。それでも、泳ぐのが楽しいから続ける。同期に後輩に面白いやつ、気の合うやつがいるから続ける。結局戻ってくる。でもいいと思うんです。そして、点が取れなきゃ、飲み会で頑張ってもいいし、マネージャー・幹部の仕事でみんなを支えることに全力で頑張ってもいいんです。

だから、ガチでやっている人にも歩み寄ってほしいです。「大学生なんだから、自分で判断しろ」とか「大学生の部活だから好きにしたらいい」とか、確かに正論なのですが冷たすぎるんです。確かに面倒だけど、人間なんだからもっと心を通わせてもよいと思うんです。人が多すぎると悪いことは確かにある。意識の低い人がいたら部全体の雰囲気が悪くなるかもしれない。確かにそうです。それでも、いろんな価値観の人と過ごしていたら、自分の人生は、東北大学水泳部は豊かになりませんか?きれいに整頓された街並みより、光と闇の混在する汚い街並みのほうが、人間味があって、面白みがあるものです。

まあ、まとめると自分の存在意義を"点数をとること"に囚われすぎて、水泳嫌いにならないでね。意識高い人も、低い人もお互いを認め合えたらもっと豊かで温かみのある部活になるんじゃない?といったところです。

途中、disってるように思えたかもしれませんが、そんなことはなく、結局「北部で総合優勝できる”強い”東北大学水泳部になった今、他にも成長できる部分があるらそっちも良い方向にいけるといいね」という、老害のぼやきです(笑)

長くなってしまいほんとにすみませんでした! m(_ _)m 



自分は七大までお世話になります!
短い間ですが、最後まで頑張るのでよろしくお願いします!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント