FC2ブログ

記事一覧

2/12(火)

 ご無沙汰してます、白の宮田です。

 最近はマネージャー()をさせてもらっていますが、阿部様からのご指名を賜りましたので、久しぶりに日誌を書かせてもらいます。

 早速ですが、今日(2/12)のメニューです。

W-up 300m SKPS

50m*4 (1:15) 1, 2t: sculling/pull by 25m 3, 4t: 蹴伸び+SLK

Swim 100m*4 (1:30) cho

Kick 100m*2 (2:00) cho 右/左/上/下 by 25m

50m*3*2 (1:00) cho 1-3des

Pull 200m*4 (2:40) Fr hypo 3-5/by50m

100m*3*2 (1:30) cho des

Drill 50m*8 (1:10)

Loosen 100m

Swim 100m*5*2 (1:30) Fr EN2 hold
100m*5*2 (1:40) S1 EN2 hold

Down 400m

 今日のメインはEN2で、合宿を少し意識した練習といった所でしょうか。木幡がタヒっていたのが印象的でしたね。マネージャーになって、ブレ勢の泳ぎやCの人、三上の泳ぎを特に見るようになりましたが、三上と渋谷はすごい成長しているな、という印象です。三上は泳ぎにキレがあるように見えます(半年前と比べて)し、ドルフィンも速くなっています。渋谷もキックは大分上達しました。俺がBrの、特にキックくらいしか教えてあげられないのが原因なのですが、プルでもう少し綺麗に状態が上がるようになる(祐介さんのyou tubeの映像を見ましょう)と、グッとタイムが伸びるのかな、と思います。その後はプルとキックのタイミングだったり、重心移動、腰の位置だったりと細かいことを意識しなければなりませんが、それは追い追い。

 他にもB, Cで頑張っている人はいるのですが、何せFrがS4だったもので、それなりに速い人にはほとんどアドバイスできないので申し訳ないです。ただ、一概に言えるのは、一本一本"実験"をすることが大事だと今も思います。タイムが伸びる時は、練習の時に自分で一本一本試行錯誤してしっくりくるフォームを見つけた覚えがあります。Aの人には当たり前でしょうが、B, Cの人はその辺を意識してみると成長の速度が大分変わるのかなと思います。今回は、この軌道でプルを掻いてみよう、や、次は肩甲骨をもう少し使ってみよう、とか。メニュー中に余裕のない人は、ダウンの時にして見ると良いかもしれません。少しでも良い感覚が掴めたらそのまま水から上がってしまいましょう笑 成功体験を最後の記憶にすると、次からは脳が覚えていてくれるので、同じ動きがしやすくなります。また、自分の頭の中の泳ぎと、第三者から見た泳ぎに差はつきものなので、動画撮って欲しい人がいたら言ってください。いつでも撮りますよ(いつでも撮りますとは言っていない)



少し近況のこと(日記的な?)を話しますと…


 今日(2/13)はとても良い天気だったので、海の杜水族館に行ってきました。独り水族館は人生初でしたけど、案外いいものですね笑 その後、海が見たくなったので適当に自転車を走らせていたら、偶然、荒浜小学校に着きました。自分は学科が建築なので、防災系の講義では何度も見たのですが、震災の跡を"生"を見たのは仙台に来て初めてでした。当時の津波の爪痕を残したままの教室は、なかなかに衝撃的でしたね。学校の周りは土木工事の現場ばかりで、一軒家の基礎もそのままむき出しになり、海岸付近は特に異様な空間でした。仙台中心部から直ぐの所に、このような空間が広がっているとは…。恥ずかしながら、本当の意味で"意識"したことはなかったと思います。良い経験ができました。

 
 水泳に関しては、北大戦を最後に事実上引退させてもらいました。泳ぎたい気持ちはあるのですが、目標もなしにただ泳ぐのは、真面目に目標に向かって泳いでいる人に失礼だなという考えで退きました。結構夢の中で泳いでいることはあるのですが(笑)、現実では全く泳いでいません…。運動は、たまに走ったり、気分転換に筋トレしたり、自転車でプラプラしたりするくらいです。大学では、生涯ベストも出せましたし、お陰様で結構満足しています。引退させてもらったおかげで、幹部時代はほとんどできていなかった勉強もできるようになりました。そろそろ研究室配属で、本命の所に行けそうなので安心しています笑(本命行けなかったら、多分院は学外にするつもりです)。 自分はただ単に設計と勉強と水泳とバイトと幹部の並立ができなかったのでこのようなことになりましたが、後輩の皆さんは上手くこなしてください笑 



今日はこの辺で失礼します〜



 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント